代理母出産児出生届不受理事件

Pocket

 

代理母出産児出生届不受理事件(最決平成19・3・23)

:要約p.41 、百選(第5版)掲載なし、百選(第6版)掲載なし

 

子宮摘出手術を受けた妻とその夫である原告は、アメリカで体外受精を実施し、代理出産によって2子を出産した。アメリカネバダ州においては、法律上の親子関係が認められた。そして、原告は品川区長に対し、2子の出生届を行ったが、分娩の事実が認められないとして不受理処分を受けたので、受理命令の義務付けを求めて出訴した事件。

 

 

争点 代理母が出産した子の出生届は受理されるべきか

結論 受理されるべきとはいえない

 

 

【覚えるべきフレーズ】

 

「我が国の身分法秩序を定めた民法は、同法に定める場合に限って実親子関係を認め、それ以外の場合は実親子関係の成立を認めない趣旨である」

 

・・・と判示し、実親子関係を定める基準は、一義的に明確で一律に決せられるべきとの要請を重視した。そして、アメリカネバダ州で法律上の親子関係を認める判決は、わが国においては、公序良俗に反するもので効力を有しないと判断した。