車内広告放送と「とらわれの聴衆」

Pocket

 

車内広告放送と「とらわれの聴衆」(最判昭和63・12・20)

:要約記載なし、百選Ⅰ(第5版)24事件p.50、百選Ⅰ(第6版)23事件p.50

 

大阪市交通局が、地下鉄車内における放送において商業宣伝放送を導入した事に対し、地下鉄で通勤していた原告は、商業宣伝放送の一方的に強制することは人格権を侵害する等として、商業宣伝放送の差止めと慰謝料の支払いを求めて出訴した事件。

 

争点 地下鉄内での商業宣伝放送は違法か

結論 違法とはいえない